さいたま赤十字病院

病院基本理念

ごあいさつ

昨年は、全国的な緊急事態宣言発出や東京オリンピック・パラリンピック延期など新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより歴史的に大変な年になってしまいました。生憎このコロナ禍は年末年始関係なく現在進行形であり、世界的に収まる気配を見せていません。感染者数が欧米諸国に比べて少ないわが国でも、高齢者を中心に危機意識を持ちながら自粛生活を送る人々がいる一方で、一時的にも生活様式を変えることに抵抗感を抱く主に若い人々との間に認識のギャップがあることから、特に首都圏において感染拡大が続いています。

そのため、日本全国で100以上の医療機関における院内クラスターの発生が報告され、対コロナの診療に限らず通常の医療にも影響が出始めています。昨年暮れには、GO TOキャンペーンなど経済を回しながらなんとか抑え込もうとする政府の方針に業を煮やした日本医師会や日本病院会・日本看護協会など医療団体が、連名で“医療の緊急事態”を宣言しました。破綻の危機にあるわが国の医療を守るため、国を挙げての取り組みを求めています。

 

院内クラスターの防止には、気を緩めず愚直な努力を積み重ねることが大切です。当院でも全職員に、手洗い・手指消毒やマスクの着用、三密回避(特に食事中の会話の禁止)、毎日の健康チェックと体調不良時の出勤停止など基本的な対策を繰り返し周知し徹底を図っています。また当院を出入りする方々にも手指消毒と体温チェック、マスクの着用をお願いしています。さらに入院患者と家族の皆様には“面会制限”で新型コロナウイルスを持ち込まないようご協力をいただいています。

そして何よりも、この地域において新型コロナウイルス感染者がこれ以上増えないことが極めて重要です。そのためには “感染リスクが高まる場面”として指摘されている、飲酒を伴う懇親会や大人数・長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話などを避け、自ら感染を防ぐ努力をお願いしたいと思います。

何かとご不便をおかけして申し訳ございませんが、そのことが日本の医療を破綻させないために不可欠であることを何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

令和3年1月
院長 安藤昭彦

さいたま赤十字病院の理念

赤十字の人道・博愛の精神に基づき、信頼される医療をおこないます。

さいたま赤十字病院の基本方針
  1. 患者さんの権利を尊重します。
  2. 地域との円滑な医療連携に努めます。
  3. 医療の質の向上に努め、安全な医療を提供します。
  4. 優れた医療人の育成に努めます。
  5. 健康経営を推進し、働きやすく活気あふれる職場作りに努めます。
  6. 国内及び国外での医療救援活動に積極的に参加します。
患者さんの権利
  1. 公平で適切な医療を受ける権利
  2. 個人の尊厳が保たれ、 人権を尊重される権利
  3. プライバシーが守られ、個人情報が保護される権利
  4. わかりやすい言葉で検査や治療などの説明を受ける権利
  5. 自己の決定権が確認され、医療行為を選択する権利
  6. 安全・安心な医療を受ける権利
  7. 他施設の医師の意見 (セカンドオピニオン)を聞く権利
  8. 自己の診療記録等の開示を求める権利
患者さんに守っていただく事項
  1. 健康に関する情報を医師や看護師等にお知らせください。
  2. 医療行為については、納得したうえで指示に従ってお受けください。
  3. 病院内ではルールを守り、他の人に迷惑にならないように行動してください。
  4. 診療費の支払い請求を受けた時は、速やかにお支払いください。