さいたま赤十字病院

平成28年度 さいたま赤十字 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 308 280 554 1000 1272 1483 3048 4108 2367 350
平成28年度中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。年齢は入院日時点の年齢となります。退院患者の年齢構成を見ることにより、当院の特徴を理解することができます。全退院患者数は14770人です。当院は、幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいておりますが、60歳以上の割合が約7割と高い傾向にあり、地域社会の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 865 3.9 5.5 0.1 61.3
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 311 2.4 3.1 0.0 67.8
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 143 5.0 4.7 0.7 70.0
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 106 14.5 18.0 5.7 79.5
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 92 7.8 11.4 2.2 74.3
循環器科の症例数1位は前年度より27例増の頻脈性不整脈に対するカテーテル治療のための入院で865例となりました。2位は前年度より80例増の狭心症等に対する心臓カテーテル検査のための入院で311例、3位は狭心症等に対して行う心臓カテーテル治療のための入院で143例、4位は心不全で106例、5位は徐脈性不整脈に対してペースメーカー等を植込むための入院で92例となりました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 213 17.7 24.4 25.8 65.8
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 179 28.4 27.6 67.6 80.6
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 117 24.1 26.3 11.1 73.9
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 114 2.1 3.1 0.0 70.3
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 71 8.9 11.9 1.4 27.3
整形外科の症例数1位は股関節症に対する手術のための入院で昨年より26例増の213例、2位は大腿骨頸部骨折に対する手術のための入院で179例、3位は膝関節症に対する手術のための入院で117例、4位は背柱管狭窄に対する検査入院で114例、5位はスポーツ外傷などに対する手術のための入院で71例となりました。整形外科では手術後の継続リハビリとしてリハビリ専門病院への転院をお願いしているため、転院率が高くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 127 10.2 11.1 1.6 67.7
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 100 11.4 11.7 0.0 73.0
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 94 7.0 9.0 0.0 72.6
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 74 6.8 7.5 0.0 69.4
060040xx04xxxx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 45 6.4 7.4 0.0 66.9
消化器内科の症例数1位は胆管炎や胆管結石などに対しドレナージやステント留置を行うための入院で127例、2位は肝細胞癌に対するカテーテル治療を行うための入院で100例、3位は早期胃癌に対して内視鏡的切除を行うための入院で94例、4位は早期盲腸癌や早期結腸癌に対する内視鏡的剥離を行うための入院で74例、5位は早期直腸癌に対して内視鏡的剥離を行うための入院で45例となりました。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 154 9.1 9.9 0.0 34.3
120260xx02xxxx 分娩の異常 骨盤位娩出術等 139 7.0 6.6 0.0 33.1
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 87 8.9 10.1 0.0 47.2
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 64 8.0 6.9 6.3 32.6
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 62 30.1 20.8 14.5 32.2
産婦人科の症例数1位は帝王切開での出産による入院で昨年度より31例増の154例、2位は吸引分娩、鉗子分娩での出産による入院で139例、3位は子宮良性腫瘍に対する手術のための入院で87例、4位は前期破水、胎盤障害などに対する治療のための入院で64例、5位は切迫早産に対する治療のための入院で62例となりました。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 218 13.0 12.4 0.0 68.5
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 104 23.1 19.9 6.7 73.1
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 70 16.8 14.8 12.9 73.4
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 63 8.6 10.8 0.0 64.0
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 45 6.5 3.7 4.4 72.2
呼吸器内科の症例数1位は肺癌に対する抗癌剤治療のための入院で218例、2位は間質性肺炎に対する治療のための入院で104例、3位から5位は肺癌に対する抗癌剤治療のための入院で併せて178例です。使用する抗癌剤によってDPCコードが変わるためこのような集計結果となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 74 6.8 7.6 0.0 60.7
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 59 16.4 15.9 1.7 69.6
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 47 7.8 9.1 2.1 73.1
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 40 17.7 17.7 0.0 74.3
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 32 3.0 4.4 0.0 74.7
当科では患者さんの負担が少なく、低侵襲で整容性に優れた腹腔鏡下手術を積極的に行っています。
最も多い症例は胆嚢結石症やそれに伴う胆嚢炎に対する手術症例で74例です。全症例腹腔鏡下手術を行っています。2位は結腸癌や盲腸癌に対する手術症例で59例です。59例のうち、9割が腹腔鏡下手術です。直腸癌を含めた大腸癌全体の手術症例は年間150例程実施しています。3位は癒着性イレウスなどに対する治療のための入院で47例、4位は胃癌に対し、幽門側胃切除を行った症例で40例です。胃癌の幽門側胃切除も腹腔鏡下手術が8割を占めています。胃癌に対しては、胃全摘術や噴門側胃切除術も行っているため、胃癌全体の手術症例は70例程になります。5位は直腸癌に対し、主としてアバスチンという抗癌剤を使用し治療を行うための入院で32例です。当科では抗癌剤治療を年間100例以上行っておりますが、主病名や使用する抗癌剤によってDPCコードが分かれるためこのような結果となっています。上位5位には入っておりませんが、肝癌・胆管癌・膵癌に対する手術も合わせて60例ほど実施しています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 110 2.4 3.6 6.4 41.4
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 84 4.3 7.5 3.6 45.3
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 76 6.6 9.9 7.9 54.5
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 76 2.0 4.2 1.3 34.5
161070xxxxx01x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 35 2.8 7.5 2.9 40.7
救急科の症例数1位は急性薬物中毒に対する治療のための入院で110例、2位、3位は交通事故などによる頭部打撲や脳震盪に対する治療のための入院で併せて160例、4位はアナフィラキシーショックに対する治療のための入院で76例、5位は急性薬物中毒に肺炎や不整脈、心不全などが合併した症例に対する治療のための入院で35例となりました。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 64 8.3 7.4 0.0 73.0
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 34 6.8 15.1 0.0 74.7
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 29 6.0 11.7 0.0 72.0
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 23 10.0 11.7 0.0 74.7
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 13 11.4 12.5 0.0 65.9
泌尿器科の症例数1位は膀胱癌に対する経尿道的手術のための入院で64例、2位は前立腺癌に対する抗癌剤治療のための入院で34例、3位は腎盂癌、尿管癌に対する抗癌剤治療のための入院で29例、4位は膀胱癌に対する抗癌剤治療のための入院で23例、5位は腎細胞癌、尿管癌に対する手術のための入院で13例となりました。泌尿器科ではこの他にも1泊2日で前立腺癌の検査入院も年間100例程実施しています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 118 10.5 10.3 0.0 59.6
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 72 5.2 6.6 0.0 59.6
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 64 12.4 11.6 0.0 58.4
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 52 5.4 4.6 1.9 52.3
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 14.3 9.4 11.1 65.4
乳腺外科の症例数1位から3位は乳癌に対する手術のため入院で254例です。手術術式や腋窩部郭清を伴うか伴わないかによってDPCコードが変わるためこのような集計結果となっています。4位、5位は抗癌剤治療のための入院で併せて70例となりました。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 93 20.7 16.5 9.7 69.9
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 42 21.8 18.8 16.7 77.1
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 11.0 7.1 9.1 63.1
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 26.0 16.7 14.3 76.0
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 10 24.8 18.0 20.0 72.7
神経内科の症例数1位は急性期脳梗塞に対する治療(脳保護剤使用)のための入院で93例、2位は急性期脳梗塞にてんかんや肺炎、不整脈などが合併した症例に対する治療のための入院で42例、3位はてんかんに対する治療のための入院で22例、4位は急性期脳梗塞に対する治療(脳保護剤不使用)のための入院で14例、5位はギランバレー症候群などに対しガンマグロブリンを使用する治療のための入院で10例です。神経内科では脳梗塞症例を多く治療しています。急性期治療に引き続いて回復期リハビリテーション施設へ転院し機能回復を図る場合が多いため、転院率が比較的高くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 59 25.1 19.4 7830 66.7
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 54 7.0 9.9 3.7 76.9
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 9.9 7.5 10.3 59.4
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 23.4 22.1 57.1 75.2
010020x001x1xx くも膜下出血、破裂脳動脈瘤(JCS10未満) 脳動脈瘤流入血管クリッピング(開頭して行うもの)等 手術・処置等2あり 12 41.0 40.3 50.0 59.7
脳神経外科の症例数1位はJCS10未満の脳出血に対する入院で59例、2位は外傷性慢性硬膜下血腫に対する血腫除去の入院で54例、3位は外傷による脳挫傷などに対する入院で29例、4位はJCS10以上の脳出血に対する治療のための入院で14例、5位はくも膜下出血に対する手術のための入院で12例で
す。脳神経外科では急性期治療後はリハビリ専門病院への転院をお願いしているため、転院率が高くなっています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 105 10.2 16.8 0.0 74.0
130030xx99x41x 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 34 59.5 42.0 2.9 50.2
130030xx99x42x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 19 29.8 34.9 5.3 67.7
130030xx99x43x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 14 11.7 14.5 0.0 74.0
130030xx99x44x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 13 11.3 17.6 0.0 73.6
血液内科の症例数1位は悪性リンパ腫に対する抗癌剤治療のための入院で105例、2位は急性白血病に対する治療のための入院で34例、3位から5位は悪性リンパ腫に対する抗癌剤治療のための入院で併せて46例です。使用する抗癌剤によってDPCコードが変わるためこのような集計結果となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 49 10.0 9.2 0.0 70.5
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 27 5.9 7.0 0.0 67.6
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 23 9.1 7.7 0.0 67.4
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 20 12.6 10.5 0.0 51.0
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 11 7.6 8.3 0.0 57.6
眼科の症例数1位は緑内障に対する手術のための入院で49例、2位は硝子体出血や硝子体脱臼などに対する手術のための入院で27例、3位は黄斑円孔、網膜前膜などに対する手術のための入院で23例、4位は網膜剥離に対する手術のための入院で20例、5位は糖尿病性網膜症に対する手術のための入院で11例となりました。この他にも当科では、白内障の患者さんに対する手術を年間1,300件程実施しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 41 7.2 7.5 0.0 56.9
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 40 7.1 8.1 0.0 37.7
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 13 4.9 7.8 0.0 59.2
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 12 6.2 5.2 0.0 62.8
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 12 9.8 9.3 0.0 55.6
耳鼻咽喉科の症例数1位は前年度より9例増の慢性副鼻腔炎に対する手術のための入院で41例、2位は扁桃炎に対する手術のための入院で40例、3位は耳下腺や顎下腺腫瘍に対する手術のための入院で13例、4位は末梢性めまいなどの前庭機能障害で12例、5位は甲状腺癌等に対する手術のための入院で同じく12例となりました。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 10.3 12.8 3.7 57.2
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 19 7.2 7.6 0.0 37.1
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 17 24.5 14.8 0.0 73.8
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 13 20.3 12.4 15.4 69.9
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 9 13.2 10.2 0.0 68.8
腎臓内科の症例数1位は末期腎不全やIgA腎症などに対する治療のための入院で27例、2位は慢性糸球体腎炎に対する検査のための入院で19例、3位は透析導入期の腎不全患者さんに対して治療を行った症例で17例、4位は尿路感染症に対する治療のための入院で13例となりました。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 172 5.9 6.2 6.9 0.0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 42 10.3 11.6 14.2 0.0
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 12.0 - -
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし - - 8.8 - -
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 10.8 - -
小児科の症例数1位は出生体重2500g以上の新生児黄疸や呼吸障害に対する治療のための入院で172例、2位は出生体重2500g未満の早産児や低出生体重児の入院で42例、3位は出生体重2500g以上で入院中に中心静脈注射や人工呼吸器を使用した症例、4位は出生体重2500g以上で出生後に仮死蘇生術を実施した症例、5位はファロー四徴症や房室中隔欠損症などの先天性心疾患に対して治療を行った症例です。当科では主に新生児の入院治療を行っています。新生児入院の場合、出生時の体重や入院中に行った処置、使用した薬剤などによってDPCコードが分かれるためこのような集計結果になっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 28 3.2 8.9 0.0 68.4
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 18 19.1 24.7 0.0 69.2
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 17 7.5 12.7 0.0 78.7
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 16 3.2 3.3 0.0 66.3
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 12 27.8 28.2 0.0 62.6
心臓血管外科の症例数1位は透析導入患者さんに対する2泊3日入院の内シャント設置手術のための入院で28例、2位は心臓弁膜症に対する手術のための入院で18例、3位は大動脈瘤に対してステントグラフト手術を行うための入院で17例、4位は下肢静脈瘤に対する手術のための入院で16例、5位は大動脈瘤に対して人工血管置換術を行うための入院で12例となりました。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術あり 手術・処置等2なし 38 2.4 7.3 0.0 40.0
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 11 5.3 7.9 0.0 52.1
070590xx99x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術なし 手術・処置等2なし - - 5.8 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.8 - -
140620xx97xxxx その他の先天異常 手術あり - - 11.7 - -
形成外科の症例数1位は海綿状血管腫に対する手術のための入院で38例、2位は乳癌術後患者に対する乳房再建術のための入院で11例、3位はリンパ管腫に対する処置入院、4位は皮膚の悪性腫瘍に対する手術のための入院、5位は混合型脈管奇形に対する手術のための入院症例です。上位5位には入っておりませんが、顔面骨骨折に対する手術症例が併せて10例程あります。多部位の外傷に対して行った手術か、単独部位の外傷に対して行った手術かによってDPCコードが分かれるため全体の症例数としては計上されず、このような集計結果となっています。
膠原病リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 54 18.2 17.8 1.9 56.1
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし - - 14.5 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし - - 19.9 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - - 12.4 - -
070470xx99x4xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等24あり - - 13.4 - -
膠原病リウマチ内科の症例数1位はループス腎炎や全身性エリテマトーデスなどの自己免疫性疾患に対する治療のための入院で54例、2位は関節リウマチ、3位は肺炎となりました。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 33 11.7 12.7 0.0 67.0
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 13.9 10.1 0.0 34.7
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - - 11.6 - -
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり - - 9.2 - -
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - - 10.3 - -
呼吸器外科の症例数1位は肺癌に対する手術のための入院で昨年より15例増の33例、2位は気胸に対する手術のための入院で29例です。

糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし85歳未満 19 14.5 14.6 0.0 63.3
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 19.7 13.8 8.3 51.8
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし85歳未満 - - 11.5 - -
100210xxxxxxxx 低血糖症 - - 7.0 - -
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり85歳未満 - - 16.3 - -
糖尿病内分泌内科の症例数1位は2型糖尿病の血糖管理目的の入院で19例、2位は糖尿病性ケトアシドーシスに対する入院で12例です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 13 4.1 8.8 0.0 79.3
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 12.0 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.0 - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - 7.4 - -
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 -- - 10.7 - -
皮膚科の症例数1位は皮膚悪性腫瘍に対する手術のための入院で13例、2位は急性膿皮症、3位は帯状疱疹です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 87 19 14 42 21 59 1 7
大腸癌 62 30 66 58 67 128 1 7
乳癌 94 93 25 - 18 111 1 7
肺癌 43 25 83 205 30 289 1 7
肝癌 - 21 - 15 11 143 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について、初発患者はUICCのTNM分類から示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数としています。患者数は延患者で、TNM分類が不正確等で病期分類が不明な場合は、不明とし別記しています。Stageが「0」のものは集計対象外です。5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌のことをいいます。UICCが定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転 移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を、一度に表わすことが出来る様に作られたのがStage分類です。この指標では、当院が入院治療を行った5大癌のStage分類毎の患者数を示しています。 患者数としては肺癌が最も多くなっています。次いで大腸癌、乳癌となっており、胃癌は早期癌の症例が多いことが分かります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 13.1 49.6
中等症 31 13.9 73.9
重症 - 29.9 81.6
超重症 - 29.5 84.8
不明 - - -
入院のきっかけとなった傷病名及び最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院後発症の肺炎を除く)の患者さんを対象としています。重症度分類は、A-DROPスコアを用いて分類し、重傷度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。成人市中肺炎の重症度別患者数は、中等症の患者数が一番多くなっています。原因としては、男性70歳以上・女性75歳以上に該当すると評価項目の1つにあげられるため、高齢化による影響で中等症になりやすくなる状況にあると考えられます。重症度が増すにつれ、平均年齢も上がり、また在院日数も延びる傾向にあります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 260 27.8 73.8 23.5
その他 16 29.4 73.8 25.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
「ICD10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。当院では、約9割の患者さんがI63$脳梗塞であり、ほとんどの症例において発症から3日以内に治療を受けています。脳梗塞治療では迅速に治療を行うことがその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。当院では緊急に治療が必要な患者さんを常に受け入れることができるように体制の確保に努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 360 1.5 18.4 21.4 68.8
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 162 2.4 18.1 46.9 73.2
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 105 3.3 17.2 19.1 70.7
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 77 3.0 19.2 5.2 68.8
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 65 4.3 25.3 69.2 82.0
整形外科で最も多い手術は変形性関節症、関節リウマチ等に対して行う人工関節置換術で360件です。2位は、大腿骨転子部骨折等に対する手術で162件、3位・4位は腰部脊柱管狭窄症等に対する手術で併せて182件、5位は大腿骨頸部骨折等に対する手術で65件となりました。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 702 0.8 3.0 0.7 63.5
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 177 0.4 1.4 0.0 52.7
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 126 2.5 3.3 0.8 69.5
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 61 2.3 4.9 3.3 76.3
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 54 0.0 13.6 5.6 64.3
循環器内科で最も多い手術は心房細動などの頻脈性不整脈に対して行う経皮的カテーテル心筋焼灼術で併せて879件です。3位は狭心症や陳旧性心筋梗塞に対して行う経皮的冠動脈ステント留置術で126件、4位は洞不全症候群や完全房室ブロックなどの徐脈性不整脈に対して行うペースメーカー移植術で61件、5位は急性心筋梗塞に対して行う経皮的冠動脈ステント留置術で54件です。当院では心臓カテーテル治療の件数が多くなっています。特に不整脈分野に関しては全国屈指の施設です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 987 0.5 1.7 0.0 73.9
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 69 1.1 7.3 0.0 65.1
K2683 緑内障手術(濾過手術) 31 0.9 10.9 0.0 70.9
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 18 0.7 4.1 0.0 65.9
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 16 0.7 5.1 0.0 68.3
眼科で最も多い手術は、主に白内障に対して行う水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)で987件です。当科では、1入院で両眼に手術を実施するケースも300例以上あります。そのため、水晶体再建術自体は年間1,400件以上実施しておりますが、集計ルール上、1入院で両眼に手術を行った場合は、1件とカウントするよう決められているため、このような結果となっております。2位は網膜剥離や糖尿病性網膜症等に対して行う硝子体茎顕微鏡下離断術で69件、3位・5位は緑内障に対して行う手術で併せて47件、4位は硝子体混濁や眼内レンズ偏位等に対して行う硝子体茎顕微鏡下離断術で18件となりました。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 119 1.3 4.3 0.0 68.4
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 101 0.8 13.2 2.0 71.4
K6152 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 101 1.1 8.8 0.0 74.1
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 98 0.4 1.8 0.0 68.2
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 93 1.3 4.6 0.0 72.5
消化器内科で最も多い手術は、早期大腸癌に対して行う早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術で119件です。2位は胆管炎や総胆管結石等に対して行う内視鏡的胆道ステント留置術で101件、3位は肝細胞癌に対して行う血管塞栓術で同じく101件、4位は大腸ポリープに対して行う内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術で98件、5位は胃癌に対して行う内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術で93件となりました。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 150 1.9 7.0 0.0 34.6
K893 吸引娩出術 115 1.9 5.1 0.0 32.6
K877 子宮全摘術 102 1.2 7.2 0.0 51.4
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 94 3.5 7.2 0.0 33.6
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 77 1.4 7.3 0.0 44.6
産婦人科で最も多い手術は、帝王切開術(選択帝王切開)で150件です。2位は吸引分娩で115件、3位は子宮筋腫等に対して行われる子宮全摘術で102件、4位は帝王切開術(緊急帝王切開)で94件、5位は卵巣良性腫瘍に対して行われる子宮附属器腫瘍摘出術で77件となりました。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 103 1.8 2.9 0.0 67.3
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 78 1.7 4.3 0.0 60.8
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 55 3.6 13.0 1.8 69.7
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 27 3.1 13.5 0.0 74.7
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 19 0.7 4.1 0.0 38.1
外科で最も多い手術は、鼠径ヘルニア手術で103件です。腹腔鏡下手術は2016年度に4件、2017年度は11月までで8件実施しています。2位は、胆嚢結石症やそれに伴う胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術で78件、3位は結腸癌に対して行う腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術で55件、4位は胃癌に対して行う腹腔鏡下胃切除術で27件、5位は虫垂炎に対して行う腹腔鏡下虫垂切除術で19件となりました。当科では患者さんの負担が少なく、低侵襲で整容性に優れた腹腔鏡下手術を積極的に行っています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 115 1.4 8.1 0.0 60.1
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 70 1.0 3.0 0.0 59.2
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない) 47 1.3 11.2 0.0 58.7
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴う) 12 1.3 6.2 0.0 57.2
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) 10 1.0 2.8 0.0 51.2
乳腺外科で最も多い手術は乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(腋窩部郭清を伴わない)で115件です。2位は同手術(乳房部分切除術)(胸筋切除を併施しない)で70件、3位は同手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない)で47件、4位は同手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴う)で12件、5位は良性腫瘍に対して行う乳腺腫瘍摘出術で10件となりました。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 70 2.0 7.1 0.0 73.1
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 0.9 5.4 4.0 68.6
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 21 2.8 10.1 0.0 67.8
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 12 1.5 31.5 25.0 78.1
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 11 1.0 5.2 0.0 72.6
泌尿器科で最も多い手術は膀胱癌に対して行う経尿道的膀胱悪性腫瘍手術で70件です。泌尿器科手術の約4割を占めています。2位は水腎症などに対して行う経尿道的尿管ステント留置術で25件、3位は腎細胞癌や尿管癌に対して行う腎(尿管)悪性腫瘍手術で21件、4位は腎不全や水腎症等に対して行う腎瘻造設術で12件、5位は膀胱脱に対して行う膀胱脱手術で11件となりました。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 29 1.0 1.5 3.5 68.3
K617-2 大伏在静脈抜去術 16 1.2 1.0 0.0 66.3
K5551 弁置換術(1弁) 13 4.5 15.9 0.0 75.3
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行)(その他) 13 0.3 24.1 0.0 64.5
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 12 7.9 17.9 0.0 73.2
心臓血管外科で最も多い手術は、主に末期腎不全の透析導入患者さんに対して行う内シャント設置術で29件です。2位は下肢静脈瘤に対して行われる大伏在静脈抜去術で16件、3位は機能が低下した大動脈弁や僧帽弁などを新しい弁に取り替える弁置換術(1弁)で13件、4位は上行胸部大動脈瘤に対して行う人工血管置換術で13件、5位は狭心症や陳旧性心筋梗塞に対して行うバイパス手術で12件となりました。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 48 1.1 5.7 0.0 37.5
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 24 1.0 5.1 0.0 56.3
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 13 1.0 5.5 0.0 52.9
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
耳鼻咽喉科で最も多い手術は慢性扁桃炎や扁桃病巣感染症に対して行われる口蓋扁桃手術で48件です。2位、3位は慢性副鼻腔炎に対して行われる手術で併せて37件となりました。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 54 0.9 6.2 11.1 77.3
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 30 1.2 36.8 53.3 55.4
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 15 1.5 34.7 86.7 60.3
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 6.2 38.6 20.0 60.6
K1781 脳血管内手術(1箇所) 10 3.5 47.0 50.0 63.8
脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫に対し頭蓋から血腫を洗浄除去する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で54件です。2位・5位は脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対する手術で併せて40件、3位は脳出血に対して行う血腫除去術で15件、4位は脳腫瘍に対して行う腫瘍摘出術で10件となりました。

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 16 0.4 1.7 0.0 43.6
K6072 血管結紮術(その他) 15 0.2 1.0 0.0 42.7
K433 上顎骨折観血的手術 10 3.4 1.6 0.0 55.5
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 - - - - -
形成外科で最も多い手術は、海綿状血管腫に対して行う血管塞栓術で16件です。2位は主に血管腫に対して行う血管結紮術で15件、3位は外傷による上顎骨骨折に対する手術で10件、4位は乳癌手術後に対して乳房再建のために行われるゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術、5位は脂肪腫や良性腫瘍に対して行う四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術です。顔面骨骨折に対する手術は実際には45件行っておりますが、主病名に対して実施した件数を集計するルールのため、他診療科に入院している患者さんに実施した件数や、多部位外傷に対して実施した件数は集計されず、このような結果となっています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管)(止血術) 21 0.6 21.0 19.1 57.0
K386 気管切開術 15 934 46.3 53.3 67.0
K6072 血管結紮術(その他) 11 0.0 6.4 0.0 54.2
K7161 小腸切除術 悪性腫瘍手術以外の切除術 - - - - -
K7191 結腸切除術 小範囲切除 - - - - -
救急科で最も多い手術は外傷による出血や消化管出血などに対し塞栓物質を使用して止血をする血管塞栓術で21件です。2位は気管切開術で15件、次いで血管結紮術11件となっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 32 7.5 5.3 0.0 34.1
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 20 2.0 8.8 0.0 69.5
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - -
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) - - - - -
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
呼吸器外科で最も多い手術は気胸の患者さんに対して行う胸腔鏡を使用した肺切除術で32件です。2位は肺癌に対して胸腔鏡を使用して行う手術で20件となりました。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 14 0.0 2.9 0.0 79.8
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K013-23 全層植皮術(100cm2以上200cm2未満) - - - - -
K0032 皮膚皮下粘膜下血管腫摘出術(露出部、長径3cm〜6cm未満) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
皮膚科で最も多い手術は皮膚悪性腫瘍手術(単純切除)で14件です。次いで良性腫瘍摘出術、植皮術となっています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 10 11.7 13.4 0.0 69.5
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
腎臓内科で最も多い手術は内シャント設置術で10件です。腎臓の機能が低下して、血液透析が必要となった際に行なう手術です。内シャント設置術は心臓血管外科の医師が行います。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 47 0.3
180010 敗血症 同一 42 0.3
異なる 106 0.7
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 85 0.6
異なる 12 0.1
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である敗血症、播種性血管内凝固症候群、その他の真菌症、手術・処置の合併症について発症率を集計しています。医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外かで集計しています。肝損傷などの重篤な外傷や、肝癌や膵癌、肺癌あるいは心臓血管外科疾患などの大手術後に血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固症候群が起こることがあります。また、色々な感染症などから血液中に病原菌が入り敗血症となり、これが原因で播種性血管内凝固症候群が起こることもあります。手術・処置等の合併症としては、手術後の創部感染や、透析シャントの狭窄や閉塞、他院で移植したペースメーカーの移植部感染症などがあげられます。