さいたま赤十字病院

院内がん登録

概要

 「がん登録」とは、がんの診断、治療、経過等に関する情報を、全国の都道府県や医療機関などから集め、保管、整理、解析する仕組みのことです。この仕組みにより、毎年どのくらいの人ががんで亡くなっているか(死亡数)、毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数)、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)などのがんに関する統計情報を出すことができます。そして、この統計情報を用いて、国や地域のがん対策を立案または評価しています。

 

 「院内がん登録」とは、上記「がん登録」の仕組みの一部であり、医療機関で診断、治療されたすべての患者さんのがん情報を、診療科を問わず病院内で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。この調査を複数の病院が同じ方法で行うことで、その情報を病院間で比較でき、病院ごとの特徴や問題点が明らかになるものと期待されています。 また、国立がん研究センターがん対策情報センターでは、がん医療の専門病院である「がん診療連携拠点病院」で行われる院内がん登録の情報を集めて(以下「院内がん登録全国集計」)、全国レベルや都道府県レベルでどのような特徴があるかを周知できるよう取り組んでいます。

 

 当院ではこの「院内がん登録」を2007年より行っています。また、当院は「がん診療連携拠点病院」に指定されているため、毎年、この登録情報を国立がん研究センターがん対策情報センターへ提出しています。従って、本サイトで公開するがん登録に関する統計情報は、「院内がん登録全国集計」の結果を基盤としています。

統計情報

※以下の結果はすべて、「集計登録数」で集計

全体

登録数の年次推移

登録数(男性)(女性)提出数前年度比較増加率集計登録数
2011年12876776100.5%1283
2012年13076426651.6%1299
2013年146277069211.9%1455
2014年14687067620.4%1456
2015年15987898098.9%1574

※登録数・・・毎年行われる「がん診療連携拠点病院」の全国集計のために、国立がん研究センターがん対策情報センターに提出した数。従って、このページにおける統計情報は、特記がない限り、集計対象はこの「登録数」を用いる

※集計登録数・・・登録数から「症例区分1:8 その他」を除外した数。セカンドオピニオンのみの初診患者を「症例区分:8 その他」として登録するか否かは施設の任意のため、院内がん登録全国集計では、診断情報等を測る集計の場合、比較可能性を高めるため、自施設診断・治療患者に対象を限定するべきと判断し、この数を集計対象として用いる

9階級年齢別の登録数

提出件数0-19歳20-29歳30-39歳40-49歳50-59歳60-69歳70-79歳80-89歳90歳以上
2013年1,4550106612714937148822420
2014年1,4560165515915435450319520
2015年1,5742106117417737952021536

部位別の登録数と割合

2013年2014年2015年
総数男性女性総数男性女性総数男性女性
口腔・咽頭12
1.5%
食道41281323423012
2.8%3.7%1.9%3.3%2.7%3.9%1.5%
181139421831295419814058
12.4%18.1%6.1%12.6%18.5%7.1%12.6%18.0%7.3%
大腸212128842121318122712899
14.6%16.7%12.2%14.6%18.7%10.7%14.4%16.4%12.5%
肝臓674423644618554312
4.6%5.7%3.3%4.4%6.6%2.4%3.5%5.5%1.5%
胆のう・胆管2418624177201010
1.6%2.3%0.9%1.6%2.4%0.9%1.3%1.3%1.3%
膵臓372017271314372314
2.5%2.6%2.5%1.9%1.9%1.8%2.4%3.0%1.8%
喉頭00
0.0%0.0%
13510431117694817512154
9.3%13.6%4.5%8.0%9.9%6.3%11.1%15.5%6.8%
骨・軟部000
0.0%0.0%0.0%
皮膚1910926121419811
1.3%1.3%1.3%1.8%1.7%1.8%1.2%1.0%1.4%
乳癌27102713250325317
18.6%0.0%39.4%22.3%0.0%42.9%40.0%
子宮頚部606056565252
4.1%8.7%3.8%7.4%3.3%6.6%
子宮体部212126262020
1.4%3.1%1.8%3.4%1.3%2.5%
卵巣151517172424
1.0%2.2%1.2%2.2%1.5%3.0%
前立腺132132124124101101
9.1%17.2%8.5%17.7%6.4%13.0%
膀胱46331349381135269
3.2%4.3%1.9%3.4%5.4%1.5%2.2%3.3%1.1%
腎・尿路3324930246372611
2.3%3.1%1.3%2.1%3.4%0.8%2.4%3.3%1.4%
脳・神経208121578241113
1.4%1.0%1.7%1.0%1.0%1.1%1.5%1.4%1.6%
甲状腺106
1.3%0.8%
悪性リンパ腫502228452322512823
3.4%2.9%4.1%3.1%3.3%2.9%3.2%3.6%2.9%
多発性骨髄腫7817710
1.0%1.1%1.1%0.9%1.3%
白血病151771023149
2.0%1.2%1.0%1.3%1.5%1.8%1.1%
他の血液97302010
1.2%1.0%1.9%2.6%1.3%
その他321715251510372215
2.2%2.2%2.2%1.7%2.1%1.3%2.4%2.8%1.9%
 総数男性女性総数男性女性総数男性女性
145576768814566997571572779793

※男女いずれか一方の集計値が5以下の場合は、対象部位の総数と対象性別の数を「*」で表示。

部位別登録数の割合〈2015年症例分〉※集計登録数にて集計

主要5部位

 がん登録における主要5部位とは、日本でのがん罹患、死亡の顕著な部位のことを言います。現時点での一般的な主要5部位は、胃、大腸(結腸と直腸)、肺、肝、乳房の5つです。

 大腸肝臓乳房
2013年18121213567271
2014年18321211764325
2015年19822717555318

主要5部位の結果詳細

院内がん登録では、がんの進行度をUICC(国際対がん連合)が提供する「TNM悪性腫瘍の分類」に基づき分類しています。(※2012年診断症例より第7版を使用)

「治療前ステージ」とは画像等で得られた情報を基に分類される"治療前の進行度"のことを言います。反対に手術などの治療後に得られた情報を基に分類されるステージを「術後病理学的ステージ」と言います。

※集計対象は以下の条件を満たす登録

①症例区分2または32

②胃、大腸、乳房は「癌腫」、肝臓は「肝細胞癌」、肺は「非小細胞癌、小細胞癌、気管支肺カルチノイド腫瘍を含む肺癌」

※「2015年症例治療別登録数(治療前ステージ)」の内訳名称

「手」:手術のみ、「内」:内視鏡治療のみ、「手+内」:手術と内視鏡治療、「放」:放射線治療のみ、「薬」:薬物療法のみ、「放+薬」:放射線治療と薬物療法、「薬+他」:薬物療法とその他の治療、「手/内+放」:手術または内視鏡治療と放射線治療、「手/内+薬」:手術または内視鏡治療と薬物療法、「手/内+他」:手術または内視鏡治療とその他の治療、「手/内+放+薬」:手術または内視鏡治療と放射線治療と薬物療法、「他」:上記以外の治療の組み合わせ

※その他の治療とは、肝動脈塞栓術、アルコール注入療法、温熱療法、ラジオ波焼灼を含むレーザー等焼灼療法も含む

-胃癌-

治療前ステージ別登録数
0期Ⅰ期Ⅱ期Ⅲ期Ⅳ期不明
2013年01201512187
2014年012797164
2015年0137713195
0期:
上皮内がん
Ⅰ期:
粘膜層および粘膜下層に浸潤かつ所属リンパ節転移が2個以下、または固有筋層に浸潤かつ所属リンパ節転移なし
Ⅱ期:
粘膜層および粘膜下層に浸潤かつ所属リンパ節転移が2個以上、または固有筋層に浸潤かつ所属リンパ節転移が1-6個、または漿膜下層に浸潤かつ所属リンパ節転移が2個以下、または漿膜を貫通して浸潤かつ所属リンパ節転移なし
Ⅲ期:
固有筋層に浸潤かつ所属リンパ節転移が7個以上、または漿膜下層に浸潤かつ所属リンパ節転移が3個以上、または漿膜を貫通して浸潤かつ所属リンパ節転移あり、または隣接する多臓器・組織に浸潤かつ所属リンパ節転移なし
Ⅳ期:
遠隔転移あり
2015年症例治療別登録数(治療前ステージ)
  手+内 放+薬 薬+他 手/内
+放
手/内
+薬
手/内
+他
手/内
+放+薬
治療なし
338590000040006
5000000010001
5000000070001
4000700010016

-大腸癌-

治療前ステージ別登録数
0期Ⅰ期Ⅱ期Ⅲ期Ⅳ期不明
2013年455329281920
2014年505120411810
2015年615622291328
0期:
上皮内がん
Ⅰ期:
粘膜層から固有筋層の間に浸潤かつ所属リンパ節転移なし
Ⅱ期:
漿膜下層よりも深く浸潤または多臓器・組織に浸潤および/または臓側腹膜を貫通かつ所属リンパ節転移なし
Ⅲ期:
浸潤度に関わらず所属リンパ節転移あり
Ⅳ期:
遠隔転移あり
2015年症例治療別登録数(治療前ステージ)
  手+内 放+薬 薬+他 手/内
+放
手/内
+薬
手/内
+他
手/内
+放+薬
治療なし
045700000000000
327200000150000
18000000020002
160000000111001
3000100090000

-肺癌-

治療前ステージ別登録数
0期Ⅰ期Ⅱ期Ⅲ期Ⅳ期不明
2013年031918578
2014年036616404
2015年018729718
0期:
上皮内がん
Ⅰ期:
腫瘍径が5cm以下かつ所属リンパ節転移なし
Ⅱ期:
腫瘍径が5cmを越える、または胸壁・横隔膜・横隔神経・縦隔胸膜・壁側心膜いずれかに浸潤、または分岐部より2cm未満の主気管支に浸潤(分岐部及ばない)、または無気肺・閉塞性肺炎が片肺全体に及ぶ、または原発巣と同一の肺葉の副腫瘍結節、かつ所属リンパ節転移なしあるいは腫瘍径が7cm以下かつ所属リンパ節転移あり
Ⅲ期:
Ⅰ・Ⅱ・Ⅳ期以外のもの
Ⅳ期:
遠隔転移あり
2015年症例治療別登録数(治療前ステージ)
  手+内 放+薬 薬+他 手/内
+放
手/内
+薬
手/内
+他
手/内
+放+薬
治療なし
9000200030004
1001100010003
10021460030003
3105261711101213

-肝癌-

*肝癌は我が国においてUICCのTNM分類と比べて、取扱い規約3分類の方が普及しており、それに基づき治療方針が決定されることが多いため、肝癌の集計対象は取扱い規約分類を用いる。

治療前ステージ別登録数
 Ⅰ期Ⅱ期Ⅲ期Ⅳ期不明
2013年1522884
2014年27101392
2015年2410761
〈肝細胞癌〉
①腫瘍個数が単発②腫瘍径が2cm以下③脈管侵襲なし
Ⅰ期:上記①②③全て該当かつ所属リンパ節転移なし
Ⅱ期:上記①②③が2つ当てはまるかつ所属リンパ節転移なし
Ⅲ期:上記①②③が1つ当てはまるかつ所属リンパ節転移なし
Ⅳ期:所属リンパ節転移または遠隔転移あり
〈肝内胆管癌〉
①腫瘍個数が単発②腫瘍径が2cm以下③血管侵襲・漿膜浸潤なし
Ⅰ期:上記①②③全て該当かつ所属リンパ節転移なし
Ⅱ期:上記①②③が2つ当てはまるかつ所属リンパ節転移なし
Ⅲ期:上記①②③が1つ当てはまるかつ所属リンパ節転移なし
Ⅳ期:所属リンパ節転移または遠隔転移あり
2015年症例治療別登録数(治療前ステージ)
  手+内 放+薬 薬+他 手/内
+放
手/内
+薬
手/内
+他
手/内
+放+薬
治療なし
4000000010050
6000004000051
6100103000011
1000201001002

-乳癌-

治療前ステージ別登録数

治療前ステージ別登録数
0期Ⅰ期Ⅱ期Ⅲ期Ⅳ期不明
2013年19103812786
2014年2910511932117
2015年47103972275
0期:
上皮内がん
Ⅰ期:
腫瘍径が2cm以下かつ胸壁固定、皮膚の浮腫・潰瘍・衛星皮膚結節なしかつ所属リンパ節転移なし
Ⅱ期:
腫瘍径が2cmを越えかつ胸壁固定、皮膚の浮腫・潰瘍・衛星皮膚結節なしかつ所属リンパ節転移なさい または腫瘍径が5cm以下かつ胸壁固定、皮膚の浮腫・潰瘍・衛星皮膚結節なしかつ可動な同側腋窩リンパ節(レベルⅠ、Ⅱ)転移あり
Ⅲ期:
腫瘍径が5cmを越えかつ胸壁固定、皮膚の浮腫・潰瘍・衛星皮膚結節なしかつ可動な同側腋窩リンパ節(レベルⅠ、Ⅱ)転移あり または固定あるいはリンパ節癒合した同側腋窩リンパ節(レベルⅠ、Ⅱ)、同側胸骨傍リンパ節、同側腋窩リンパ節(レベルⅢ)、同側鎖骨上リンパ節、いずれかに転移あり または胸壁固定、皮膚の浮腫・潰瘍・衛星皮膚結節、炎症性乳癌伴う
Ⅳ期:
遠隔転移あり
2015年症例治療別登録数(治療前ステージ)
  手+内 放+薬 薬+他 手/内
+放
手/内
+薬
手/内
+他
手/内
+放+薬
治療なし
0270001003110302
1300020045402901
900010005902602
10003002110500
0000510000010

1 症例区分とは・・・がん登録における、診断および治療に関して分類した項目。主に「1.自施設において診断のみ行った」「2.自施設において診断ならびに初回治療の決定・実施を行った」「3.他施設で診断され自施設において初回治療の決定・実施を行った」「4.初回治療開始後の症例で自施設において継続治療を行った、もしくは再発症例」「5.剖検においてがんが発見された」「8.その他」に分類される。

2 これは「自施設初回治療数」を意味する。院内がん登録全国集計では、腫瘍別集計にこの集計対象を用いる。

3 癌の状態や治療結果を記載する際の約束事を学会関連がまとめたものであり、癌の進み具合を評価するための基準を示し治療法の選択や治療効果を評価するために用いられる。この中に各学会(各癌腫)独自のTNM分類が定められている。(文章参考元:金原出版WEBサイト)

文章参考元:国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター WEBサイト「がん登録・統計」