さいたま赤十字病院

健診部について

お知らせ
新型コロナウイルス感染予防対策について
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、下記のいずれかに該当する方は、健診受診を見合わせていただき、受診日の変更をお願いいたします。
また、健診当日につきましても、下記のいずれかに該当する場合は、体調が回復してからの受診をお願いしております。
皆様のご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
  • かぜ症状が持続している方
  • 発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻づまり、頭痛、関節痛、筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐、味覚障害、嗅覚障害などの症状がある方
  • 過去 2 週間以内に発熱のあった方
  • 酸素飽和度93%以下の方
※健診受診の際は、マスク着用、手洗い・消毒、検温等のご協力をお願いいたします。
※また、マスク着用がない場合は健診を受診できませんので、ご了承ください。

健診及び乳がん・子宮頸がん検診の受診可能曜日

2019年度より下記のとおり運用しております。
なお、各曜日において予約枠に限りがございますので、ご希望に添えない場合がありますことを予めご了承ください。

曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
受診者男女混合 女性のみ男女混合男女混合 男女混合

午前

 

乳がん検査

(マンモグラフィ)

子宮頸がん検査

乳がん検査

(マンモグラフィ)

子宮頸がん検査

 

乳がん検査

(マンモグラフィ)

子宮頸がん検査

午後

乳がん検査

(マンモグラフィ

・乳腺エコー)

乳がん検査

(マンモグラフィ

・乳腺エコー)

 

日帰りドックを受診された方への当日の結果説明実施について

健診当日にわかる身体計測、血圧、血液検査データ等を基に医師による結果説明を希望者に行います。すべての結果は判定後、郵送させていただきます。

HPV(ヒトパピローマウイルス)検査について

子宮頸がんの原因であるウィルスに感染しているかを調べる検査です。子宮頸がん検査と併用となりますので同時にお申し込みください。

推奨年齢
25歳〜69歳
単価
5,000円 + 消費税

健康診断(身体検査)について

就職等に使用する所定の書式での診断書を希望される方は、予約センター(048-852-1180直通)までお問い合わせください。

スタッフ紹介
氏名・役職 専門領域 認定医・専門医等
鵜飼 晴美(部長)
内科一般
肝臓
消化器内科
乳がん
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器病学会専門医
日本乳癌学会認定医

※所属学会・資格についてはこちら

赤十字のブランドと総合病院のメリットをあなたに…安心とクオリティ

①当院健診センターの紹介とモットー

当院に健診センターがあることを、皆さんご存知でしょうか。モットーは「安心とクオリティ」です。質の高い健診、「お・も・て・な・し」を心がけています。当院では何か病気の疑いがあれば、当院専門家による精密検査、診療ができます。

当センターでは、医師2名、保健師1名、看護師1名、事務6名が従事しており、当院スタッフ(各専門分野の医師、臨床検査技師、診療放射線技師)などの協力のもと、チームワーク良く運営されています。健診は、病院の総合的な実力の反映とも言えます。

受診者のニーズに応えるべく、脳ドック、乳がん、婦人科健診、各種がんマーカー、上部内視鏡検査、結果説明(人間ドック)などに対応しています。

②健診(人間ドック)の目的

当センターでは、がんの早期発見および生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症、心臓病、肝障害など)のチェックを二大目標としています。 一般的にがんは症状が出たときは進行がんの可能性が高いとされています。画像診断や血液検査などで、無症状の時期に発見されれば、早期がんであることが多く、対応できることも多くなります。

生活習慣病に関しても、早期発見が重要です。例えば糖尿病は、初期は無症状のことが多いため、検査しないと発見が遅れます。眼や腎臓の合併症、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞など、大変な症状が出てから医療機関を受診する患者さんがまだまだ多いです。早期発見し、治療できれば、合併症は防げる可能性が高いです。

1年に1回、全身のオーバーホールをしてみませんか。

 

お問い合わせ・ご予約先はこちら