さいたま赤十字病院

泌尿器科

お知らせ
学会等により休診となる場合がありますので、平日の午後、時間内に外来にお問い合わせください。
2021年よりロボット支援手術を開始しています。
スタッフ紹介  ※所属学会 ・資格の詳細については、各医師の名前をクリックしてください。

小西 鼓

医長 

専攻医

診療科の紹介

がん・良性疾患・救急疾患問わず、幅広く安全な治療を心掛けています。

がんの手術はロボット支援手術を中心に行っています。

地域の方々に安心のできるフォローアップを提供します。

診療対象とする主な疾患

〇悪性疾患
前立腺がん、腎がん、膀胱がん、腎盂尿管がん、その他(精巣がん、陰茎がん、副腎がん)
〇良性疾患
尿路結石症、前立腺肥大症、その他(排尿障害、尿路性器感染症、陰嚢水腫など)

前立腺がん

前立腺がんの診断では、MRI(核磁気共鳴画像)検査を取り入れています。がんの可能性が高いと思われる方には、1泊2日の入院で、局所麻酔下に経会陰前立腺生検を行います。会陰とは肛門と陰嚢の間の部位のことです。MRI情報に基づいた標的生検により、精度の高い検査を提供しています。また局所麻酔、会陰からの穿刺によって低侵襲で安全なものとなっています。

治療については、手術・放射線治療・ホルモン療法・化学療法など、患者さんの病状に合わせた治療を行っています。特に手術では、ロボット支援手術を施行し、失禁や出血、痛みが少なく、入院期間が短縮できるものとなっています。また、当院の放射線治療では、治療期間の短い、サイバーナイフを用いた定位体幹放射線治療(SBRT)を行っています。照射前に前立腺内に金のマーカーとスペーサーを留置(外来にて日帰りで可能です)することが必要ですが、直腸や膀胱などの周辺臓器への影響を軽減し、合併症が少なくなると期待されています。

腎がん

腎部分切除と腎摘除手術を行っています。病状にあわせて、ロボット支援手術、腹腔鏡、開腹術のうち、最適なものを提供します。また切除不能・転移のある腎癌については薬物療法(免疫チェックポイント阻害薬、分子標的薬)を行っています。

膀胱がん

表在性膀胱がんに対しては経尿道的膀胱腫瘍切除(TURBT)を施行しています。

TURBTで浸潤性膀胱がんと診断された場合には膀胱全摘除を行います。必要に応じて術前に抗がん剤治療を行うこともあります。また、膀胱温存療法として化学放射線治療や、「低用量放射線抗がん剤併用療法+膀胱部分切除」を行うことも可能です。詳細は担当医にご相談ください。

転移がある膀胱がんに対しては抗がん剤治療を行います。免疫チェックポイント阻害剤や抗体-薬物複合体も使用し、最新のガイドラインや研究結果に沿った治療を行っています。

腎盂尿管がん

腎尿管全摘除を行っています。ロボット支援手術、腹腔鏡、開腹術などの術式のうち、患者さんの状態やご希望に合わせて適切な術式を提供します。

転移がある腎盂尿管がんに対しては抗がん剤治療を行います。同じ尿路上皮がんである膀胱がんに準じた治療を行っています。

尿路結石症

腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石に対して、ホルミウムヤグレーザーによる尿路結石破砕術(TUL)を行っています。短期入院を要しますが、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)と比較して確実性の高い治療法です。

前立腺肥大症

内服薬で症状が改善しない場合や、尿閉(全く尿が出せない)症状がある場合には経尿道的前立腺切除術(TURP)を行います。

診療実績
分類 術式 2023年
腎・副腎 根治的腎摘除術 10

腎部分切除術

(ロボット手術)

15

(15)

副腎(腫瘍)摘除術

(腹腔鏡下)

14

(13)

腎盂・尿管

腎尿管全摘除術

(腹腔鏡下)

13

(12)

膀胱 経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT) 95

膀胱全摘除術

(ロボット手術)

13

(10)

膀胱部分切除術 2
前立腺

前立腺全摘術

(ロボット手術)

59

(59)

経尿道的前立腺切除術 14
TURP 9
前立腺針生検法 163
SBRT(体幹部定位放射線治療) 129
精巣・陰嚢 高位精巣摘除術 6
精巣固定術(精巣捻転、停留精巣) 1
陰嚢水腫・精液瘤根治術 2
陰茎・尿道 環状切除術(背面切開を含む) 2
結石 経尿道的膀胱結石砕石術 11
経尿道的尿管結石砕石術(TUL) 54

診療科一覧へ